風水

2006.11.28 11:41|つぶやき
もう13年程前からの友人なんだけど、何時の頃からか風水にハマリ、相当な数の本を読破し、幸せになるためには努力を惜しまない。という、信念を持ち、風水に限らず、幸福論を学び、巫女さんにまでなって伊勢神宮のナントカっていう修業(?)にも行って来たという。。。
その彼女と昔の友人達と何年かぶりに会い風水の話を聞いているうちに、善は急げと早速我が家を診断しに来てくれた。
まぁ~、久々に来てくれるんだし、遊びついでに見て貰えばいっかぁ~
しかし、彼女が常に口にするのが掃除。
朝から、雑巾やら掃除機で姑が来るよりも緊張しながら、いつも以上に念を入れて掃除をした。
近くの駅まで迎えに行き、我が家に着くなり彼女の雰囲気が一変した
崇高な雰囲気となり、家の中を見回しながら「うん・・・そっかぁ~」「ははぁ~」と何やら納得している。
自分にしか分からない、何か・・・が分かるだろうけど、昔の彼女を知る私には、どうもそのギャップが可笑しい

彼女とは、ある学校で年こそ全然違うけれど同級生となった仲。
若くしてバツイチ子持ちとなり、元ヤンキーだったといかにも思わせる外見。
勉強は苦手だった彼女だけど、陽気で明るくちょっぴりそそっかしく「えへへー!!またやっちゃったぁ~」と言いながら何でも笑い飛ばしてしまう。
その反面子育てをしながら頑張っている姿は健気で、私よりずっと年下の彼女はかわいいと思える存在だった。

我が家の一階の会社の事務所を見回し、
「これは、ここに移動して」
「ここに、こういうものを置いて」
「これの向きは、こっちに」
「このへんの物はすべて、片付けて」
「こういう物は、どこかに仕舞えない?」
「ここは、ちゃんと掃除して」
「ここは、白で統一して」
と正に先生の口調であれこれ指示を出されていくうちに、いつしか私もその雰囲気に完全に呑まれてしまい
「はい。わかりました」と、素直に返事なんかしちゃってた・・・
場所を変え、玄関先になると、置いてある植木鉢の移動となった。
「うーん、あなたはここが好きなのね~」
とバラと会話をしたり、ちょっと、元気になかった観葉植物を元気な植物の近くに移動し
「あなたは、この子を元気にしてあげて頂戴ね」
「あなた達は、ママ(私のことらしい…)にとっても大切にされているのね」と植物と会話をしながら、どうも私にとっては、違和感のある配置に変更されてしまった。
パンジーの植木鉢を車の入るあたりまで移動され
「これは、ここじゃなきゃダメなの?」
「気の流れる道だから、やっぱりここがいいのね」
何だか、こんな所に置くの?って場所だったけど、ま、とりあえずやっとおきましょ~
リビングも事務所と同じく
「このへんの物は片付けて」などの同じような指示が出され、
「また、来るね~!」
「うん、また来てね」
「来月にでも・・・・」
「え゛っ!!」
「また、来月来て見てあげるよー」
「そんな、悪いよ」
「いいって、いいって、幸せになるためには一緒に頑張ろー!」
と、とってもありがたーい言葉を残し彼女は帰った。
その夜、玄関先のパンジーは旦那の車によって、轢かれてしまった。
そして「邪魔だったから、どかしいたよ」と、旦那の手により、隅っこの方に寄せられてしまっていた。
ま、これはしょうがないよね。
だって、邪魔なんだから・・・でも、来月今日出された指示が宿題となるのかぁ~


関連記事
スポンサーサイト

タグ:風水

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ぷう

Author:ぷう
★ぷう★
196?年生まれ うお座 B型
趣味 トールペイント
家族 夫・息子・息子の弟トイプー(そら)21年11月8日生まれ

はなちゃんアナログ時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ